福岡の風景

就職サポート情報

企業選びで大切な事

2017/06/14

こんにちはアクティの太田です。

本日のTwitterで軽く触れましたが企業選びを行う中で重要な事の1つに【社風】というものがあります。

社風とは簡単に言うと会社の雰囲気で、例えば仕事中に冗談が言えない雰囲気や残業を美徳としている、逆に上司にもズバズバ意見をいえる雰囲気みたいな感じです。

人に雰囲気の違いがあるように会社には社風があり各社違います。

この社風が自分に合う、合わないで仕事に対してのモチベーションや働きやすさにグッと差が出てきます。

社風はどこで判断すれば良いか

会社の雰囲気なので「雰囲気を感じる」という事が非常に重要です。実際に会社に行ってみる(会社訪問やインターン)が一番簡単に雰囲気を感じる事が出来ると思います。

あと、会社説明会などで聞く事もアリだとは思いますが大抵の企業は「風通しが良く・・・」という事を言うのであまり参考にはならないかも知れません。

ホームページを見てみるのも良いと思います。何となくですが、古くからある伝統的な社風なのか、若い人が多く自由な雰囲気のある会社なのかの検討はつきます。

過去には会社に出入りしている人達の雰囲気を見に行った学生もいました。

 

良い社風と悪い社風の判断は?

悪いか良いかを一般的に判断することは難しいです。自分自身がその社風に合うか合わないかを判断すべきだと思います。

周りから見てきつそうな社風でも、そういう雰囲気だからこそ自分を奮い立たせることのできる人であれば、良い社風になりますし、自由な雰囲気で若手が活躍している会社であっても、その波に乗れず悶々としてしまう人がいれば、それはその人にとって良い社風ではないと思います。

 

アドバイス

上司・先輩になる人に会ってみるという事が重要だと思います。特に上司になる人はその人が会社で評価されているから貴方の上司になります。将来の上司がガンガン新しい提案や改革を起してそのポジションについているのであればそのような人を評価する会社で、社歴だけ無駄に長いような人であれば長くいる事を評価する(年功序列)みたいな社風だという事が考えられます。




最後までお読み頂いてありがとうございました。
よろしければこの記事をシェアしてお知らせ頂ければ幸いです。